地球の歩き方

  • メニュー
閉じる
フランス
リヨン特派員

スーパーで、市販品のリヨン名物「クネル」を買うならこれ!『Giraudet(ジロード)』

AKINO
2017/03/23 15:29

リヨン郷土料理クネル(Quenelles)。

白身魚と鶏肉など、いろんな種類のクネルがある中、リヨン風を代表するのが 川カマスのクネル Quenelles brochet(クネル・ブロシェ)。

カワカマスのすり身に、バター、小麦粉、牛乳、卵を混ぜて、ラグビー状(この形をクネルと呼ぶ)に成型してゆでます。最後はソースをかけて、オーブンで焼いて出来上がり。


クネルができるまで↓


リヨンのスーパーには冷蔵のパスタコーナーのとなりに、必ずクネルがならんでいます。

お家で簡単に作ってみたいとき、いろんなメーカーがあるなかでおススメするのが、Giraudet(ジロード)

リヨン市内のベルクール広場近くと中央市場に、2店舗お店をかまえるクネルの専門店です。

2017-02-07 001.JPG

今回はスーパーでリヨンフェアをやっていて、クネル1パック2.68ユーロでした。(通常:小サイズ1パック3,28 €)

ミニタイプから小、中のサイズを販売しています。こちらは4本入りの小サイズ。

買ったのは、ナチュール味とブロシェット味。ほかにもいろんな味とサイズが21種類 あります。

ソースの種類も充実していて、

・定番のナンチュアソースNantua(甲殻類のクリームソース)

・フィナンシエールfinanciere(マデラ酒にトリュフの香りをつけたソース)

ほか、全9種類 あります。スーパーでよく置いてあるのは、上の2種類+1種類くらい。


2017-02-07 003.JPG

≪作り方≫

1. ソースをなべにいれて、クネルを並べて中火にかける。

2. クネルのサイズが1つ30gなら10分、80gなら25分。

3. お皿に盛って完成。

オーブンで焼いた方が好きなので、オーブンでも焼いてみました。

220℃のオーブンで、30gなら15分、80gなら35分。

おやっ、ソースが少なかったかも...。

2017-02-07 005.JPG

オーブンで焼くと、こんなにふっくらふくらみます。

煮るとつるりとしっとり、焼くとふわふわ、お好みで調理してみてください。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

新着記事


リヨン特派員メニュー

特派員ブログトップへ戻る

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る