地球の歩き方

  • メニュー
閉じる
フランス
リヨン特派員

フランスの本当の黒トリュフのオムレツレシピ

AKINO
2017/03/23 00:29

【リヨン近郊】リシュランシュ村のトリュフ市

【リヨン近郊】リシュランシュ村でトリュフ狩り見学

【リヨン近郊ドローム県】ニヨンスのオリーブオイルの新油祭「アリコック」

【リヨン近郊】ニヨンスの街歩きとオリーブ博物館  のつづき

2017-02-05 104.JPG

トリュフ市でお土産に買ってきた、ライチサイズの小さな黒トリュフ2個。

1人分のオムレツに1個使うらしい。

2017-02-06 001.JPG

トリュフの断面図がこちら。

赤茶色っぽいからmelanosporum(メラノスポーラム)かな。

それにしてもこの中の空洞はなんなんだろう。腐っているとか!?安かったしなぁ...。

観光案内所でもらってきたトリュフパンフレットに書いてある『本当の黒トリュフオムレツ』というレシピを作ってみることにしました。



≪本当の黒トリュフオムレツ≫

材料 5人分

トリュフ 50g

たまご 15個

バター、塩、コショウ


1. 24時間前に

トリュフをたまごといっしょに密閉容器に入れる。

2017-02-05 111.JPG


ふたを開けると、トリュフの香りがふわ~っと広がります。トリュフの匂いは、結構好みがわかれる香りだと思います。


2. 1時間前に

たまごを割って、トリュフの半分を削り入れ、塩で味付けし、しっかりに混ぜる。

2017-02-06 004.JPG



3. 数分前に

残りの半分のトリュフを、半分は小さなキューブ状、もう半分はスライスする。

2017-02-06 005.JPG



4. 焼く

少しのバターをフライパンに落とし、焦げないよう溶かす。

温まったフライパンにたまごを混ぜ入れ、ヘラで外から中へと混ぜる。

たまごが固くなる前にキューブ状のトリュフを包み込んで、お皿にあげる。

2017-02-06 006.JPG

最後にスライスしたトリュフを散らして完成!

キューブ状のトリュフがなにやらカツカツ食感が残ります。

本当にこれでいいのでしょうか。トリュフのボリュームが正直多すぎるような気が...。スープに入れた方が美味しかったかも。

きっとトリュフ愛好家によるトリュフの贅沢な味わい方なのでしょう。

しばらくトリュフを見なくていい気分になれました。贅沢。

2017-02-05 113.JPG

3か月もつ瓶詰トリュフ

瓶詰のトリュフたちは、カバンの中で洗濯機状態だったみたいで、原形をとどめていませんでした。

実家に持って帰って、母にオムレツを焼こうと思います。

2017-02-05 106.JPG

もう一つのニヨンスのお土産

カッティングボードと調理用スプーン。

大きいさじは何に使ったらいいのか考え中で、調理用スプーンはさっそく大活躍しています。

スプーンでスープをすくえて、先っぽが平らなので鍋底もしっかり混ぜられて便利です。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

新着記事


リヨン特派員メニュー

特派員ブログトップへ戻る

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る